猫背男が肩こりを解消する為に習慣化した【どこでもできる】簡単な動きを紹介

猫背のせいで肩こりがひどい 介護のライフハック

はい。ということで、お疲れ様です。

どうも、猫背男。

もとい、こむぎです。

今回の記事では、この動きについての話をします。

肩こりに悩んだ時にやってみるオードリー春日みたいな動き

なんのこっちゃですよね。

この記事の結論としては、春日のカスカスダンスみたいな動きを習慣的にやってると、肩こりが少し軽減されるよって話です。

普段から肩甲骨を動かす意識を持つだけでいい

これを見てくれているあなたは、デスクワークをしっぱなしの人かもしれないし。

或いは、車の運転をしっぱなしの人なのかもしれませんね。

或いは、いつの間にか劣等感とコンプレックスに気持ちを抑え付けられて、「すいません」的なマインドセットが、姿勢に反映されてしまったのかもしれません。

いずれにしろ、偏った状態が続くと、凝りますよね。肩。

例えば、長時間、同じ姿勢不可避の仕事ってのは、偏った筋肉の状態になりますからね。

それと、基本的にストレス過剰な状態と、肩こりって、相関関係にあると考えています。

緊張しっぱなしの状況下に、身を置くとか。

時期的に寒い冬なども、無意識に力が入ってしまうので、凝るんですよね。

で、僕もスポーツをしなくなってから、肩こりに悩まされるようになってしまいました。

専門的に言うと、ローテーターカフの鈍痛です。

ローテーターカフ(回旋筋腱板)とは

回旋筋腱板(かいせんきんけんばん Rotator cuff)は肩甲骨の前面と後面からおこる4つの筋、すなわち肩甲下筋棘上筋棘下筋小円筋の腱のことをいう。

回旋腱板または、英語のカタカナ表記でローテーター・カフともいう。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ここからは、肩こりを解消する為に試した事。

そして、普段から意識している事を綴ってみます。

冒頭でも記しましたが、僕が慢性的な肩こりを解消した方法は

【肩甲骨を動かすイメージを持つ事】

これだけです。

言い換えると、【胸筋周りを伸ばすイメージを持つ】っていう言い方もできますね。

両方を意識できる事が、望ましいですかね。

肩こり解消の為にやってみた3つの解決策

あまりに肩こりがヒドくなった時期があり、思いつく限りのことを試してみました。

以下はその変遷です。

  • マッサージチェア
  • 懸垂
  • ストレッチ

結論は、記事の最後の方にありますので、興味ない方は飛ばしてくださいませ。

因みに、シップは気休めなので、根本的な問題の解決にはなりません。

マッサージチェアで肩こり解消を狙う作戦

マッサージチェア。

肩こり解消を狙うには、割とスタンダードな方法論です。

個人的には、マッサージチェアの効果については懐疑的でした。

「マーサージチェアなんかに、この慢性的な左肩の鈍痛は癒せやしないんだ」と思っていました。

でも試しに、電気屋にあるマッサージチェアコーナーで、おじさんに紛れて(自分もおじさん)座ってみた訳です。

終わってみると、確かに、肩まわりの重たい感じが無くなるんですよね。

でもやっぱり、根本的な解決にはならない。

そもそも家に無いと使えない方法だし、基本高価だし、場所取るから邪魔になるし。

ということで、却下。

 懸垂やっとけば肩こり解消するんでないか作戦

或る日、ママ友の情報で、近所に行ったことのない公園があることを知りました。

早速、家族でその公園に行ってみたのですが。

その際、高めの鉄棒のような遊具があったんですよね。

なにげなく、妻に「アレ出来る?」と言われたので、軽く跳んで、ぶら下がってみたついでに、ノリで懸垂10回やりました。

案の定、次の日に筋肉痛になりました。

そこは想定済みだったのですが、そのまま、肩凝りの鈍痛が消えていた事に気付いたんですよね。

単に、筋肉痛に掻き消されているだけだったのかもしれませんが。

これはもしかして、もしかするのか。

ただですね、これも時間的に余裕がないと、公園に行って鉄棒にぶら下がるっていう工程を踏めません。

鉄棒がある特定の場所に限定されてしまうので、余程のモチベーションが無いと続かない。

ということで、却下。

ストレッチで肩周りをグニャグニャにしてしまえ作戦

僕は、或る時期から、なぜか左肩だけが凝るような、クセがついてしまいました。

後々気付いたんですが、力を抜いた状態で自分の姿を鏡でよく見ると、若干左肩が上がっていたのです。

原因としては、学生時代、ずっと幅跳びをやっていて、踏み切り足が左だったから、妙なクセ付いてしまったんでないかと推測しています。

昔からなのですが、肩周りの筋肉が固くて、背中側で自分の両手を触れません。

この事から、解決策は【ストレッチ】だと考えました。

僕は10年間、陸上部やってた事もあり、中途半端な知識があるばっかりに、凝ってる=筋肉が固い=解決策はストレッチだ。

という仮説が立ったんですよね。

背中の筋肉を伸ばせば、このモヤモヤした鈍痛も治ると、思ってた訳です。

それから1年くらいは、肩周りのストレッチを心掛けるようになりました。

しかし、全然改善されない。

なぜだろう。

肩こりは背中を伸ばすよりも【縮める】意識の方が必要だった

或る日僕は、気付きました。

「そもそも猫背の人の背中って、筋肉伸びっぱなしじゃん」と。

つまり、固いのは【背中】と言うより、【胸】の筋肉の方だったって事です。

だから逆に、背中の方をを収縮させてあげる必要があると。

猫背の人にとっては、背中は伸ばすのではなく、縮めなければならない。

冒頭に述べましたが

  • 【肩甲骨を動かすイメージを持つ事】
  • 胸筋周りを伸ばすイメージを持つ】

これが重要です。

コツとしては、胸筋を伸ばすイメージで肩甲骨を動かすと、自然とローテーターカフが的確に収縮している感覚になります。

肩甲骨同士を、くっ付けるイメージです。

そうすると、オードリー春日のデフォルトの姿勢みたいになります。

胸を張ってるあの感じ。

肩甲骨が伸びて.離れている状態
左右の肩甲骨が縮んで、くっついている状態

これを意識しながら、肩をぐるぐる回してみたり、背中をギューっと縮めて脱力したりを、繰り返します。

重要なのは、ちょっとした時間に、思い出した時でいいから、肩甲骨をくっつけるってことをやってみることですね。

ファミレスのドリンクバーで、コーヒーが出てくるのを待っているような、そんな、ちょっとした時間でいいので、やってみるってことです。

肩甲骨を動かすっていう意識が習慣化すれば、血流も良くなるので、鈍くて重い、肩の嫌な感じも、少しはマシになりますよ。

肩周りに違和感を感じた、その直後には、肩甲骨を動かしている

考えなくても、やっている

そんな感じで、習慣化していくと、肩周りの鈍痛が意識に登った瞬間、勝手に体がその動きを取るようになります。

で、少しの意識で、体のバランスは変わってきます。

僕はこれで、以前よりも、肩こりになりにくい体になりましたね。

是非やってみてくださいね!トゥース!

コメント

  1. […] […]

  2. ZGqbROdNSfx より:

    HWszIpLqacnQey

  3. WVYTRpndfMQC

タイトルとURLをコピーしました